ムダ毛の処理は永久脱毛でだいぶ楽になります!

私は小学生の頃から毛深い事が気になっていました。
脱毛する前までは、毎日足、腕は剃らないとチクチクと生えている状態でした。
それに濃いめの毛だったため、剃った後も黒い点々が目立っていました。
体育などがあったり、制服もスカートのため凄く気になっていました。

しかし、決して安い金額ではなかったけれど、コンプレックスだったこともあり、思い切って脱毛してみると、1、2回目まではあまり変化が見られませんでした。しかし、3回目あたりから少しずつ生えてくる量が減ってきて、だんだん毛の濃さ自体が薄くなってきました。回数を重ねるごとに毛を剃る回数が減ってきて、薄っすらは生えている場所もありますが、前より気にならないくらいになり、今では2週間くらいは剃らなくても目立たなくなってきました。お風呂で毎日剃っていた時間が別のことに使え、日々の生活が楽になりました。
夏も腕や足を出しても、毛のプツプツとした黒い点も気にならなくなり、カミソリで剃ることによる皮膚の乾燥や、肌荒れなどもなくなり、肌も以前より綺麗になったような気がします。
とにかく、自己処理がどれだけ大変だったのかと思う日々です。子育て中でなかなかゆっくりお風呂に入らないですが、自己処理の回数が減ったため、本当に思い切って永久脱毛してよかったなぁと思います。

サロンの減毛とクリニックの永久脱毛の違いを知る!

もしかしたら、ミュゼなどの脱毛サロンでも永久脱毛と思っている人もいるかもですが、実はそれって全然違うので注意が必要です。
毛が濃くない場合はサロンでもいいと思いますが、あればいうなれば減毛処理みたいなものですね。
サロンで施術→また毛が生える、こんな女性は星の数ほどいるはずです。

それに対して美容皮膚科クリニックでの脱毛はホントに永久脱毛です。
でもこれも100パーで毛がなくなる、もう生えなくなる!というわけでもないようです。
ですが医療上はこれを永久脱毛と言っていいらしく効果は天と地の差ほどあると言っても良いかもしれません。

※参考になる動画を貼っておきます。

ただクリニックは地方や田舎に行くとまず見つかりません。
東京、大阪、名古屋などのそれレベルの大きな政令指定都市くらいじゃないと。。。
私の場合は福岡だったのでその点あまり苦労はしていません。
九州最大の都市ですし、医療レーザー脱毛の皮膚科はけっこうありますから。

例えばこんなまとめサイトを見れば一目瞭然ですし、
永久脱毛を福岡・天神にて。鉄板の医療脱毛クリニックとサロン情報
多すぎで逆に選び切れないというくらいにあったりもします。

それはそれで良い悩みでもあるんですが、
取りあえずサロンと医療脱毛の差を知った上でプロにお任せをすることをおすすめしたいですね。

小学生のころから毛深いとかなりきつい

体質的に毛が太く固いため、特に小学生から中学生の時に、体毛の濃さに悩んでいました。
小学生の時は、自分でカミソリを買うこともできませんでしたし、どう対処したら良いかわからずで、いつも長袖、長めのソックスを履いていました。
特にコンプレックスを感じていた時間は、体育の時間です。
運動は好きでしたが、半袖半ズボン、さらに夏は水着になるので、肌を見せなければならない時期は、他の女の子と比べが目立つ自分が嫌で、小さくなっていたと思います。親に相談し、カミソリでは剃らず、毛を金髪色に脱色するクリームを使っていたのですが、あまり効果がなく、とりあえず、気持ちを落ち着かせるためにクリームを使っていました。

もちろん体毛が濃い女の子は他にもいて、私自身だけの悩みではなかったのですが、やはり意地悪なクラスメイトもいるわけで、サルとかゴリラとかそうゆう言葉を言われるのは、幼いながらに傷つきました。きれいなつるつるの肌だったら、ショートパンツをはいたり、かわいいTシャツを着れたりしてたんではないかと今では思います。学年があがるにつれ、カミソリで毛を剃ったりもしましたが、結局、肌が傷つきましたし、そのキズを隠すというジレンマに陥ってしまったんので、肌を傷つけず、幼い女の子の体毛をきれいにできる仕方があれば知りたかったです。

女子は太っていてコミュニケーションがうまくないと最悪

女性で太っていたら嫌なことしかないなと思います。

学生時代はコミュニケーションが上手くないと陰キャラ扱いをされたり
パイプ椅子に座る時は隣の子と距離が近くなるから相手が窮屈そうに感じますし、
自分自身もきつくて座りにくいんです。

困ったのは運動会です。太っている分走るのが遅いんです。
順番を抜かされて1番ビリになりクラスメイトから影でこそこそと言われるのは毎年です。
自虐にしたいですが明らかにみんなわかってることなので自虐にならないので諦めていました。

友達とご飯を食べる時も食べる量が違うこと。
女の子なんて周りに合わせるタイプが多いと思いますが、私はそうでした。
自分は全然足りなくて遊び終わった後に1人でファーストフードを食べたりしてました。
食べに来たからには美味しいものや、好きなものをたらふく食べたい、という考えだったのでもったいないなと思ってました。

大学生になるとみんながおしゃれに目覚めたり可愛くなる時期ですよね。
私も、と思いますが似合う服がないし、着たい服にサイズがないのがほとんどです。
サイズがあるのは無地やダサいものばかりで強制的にカジュアルな服装ばかりで自分のモチベーションが下がります。
モテたいというより女性に生まれたからには女性にしか楽しめないおしゃれを楽しみたいので痩せたいです。

何だかんだって、日々の食事で脂肪コントロールが大事!

最近始めたダイエットは、カロリーの低いものをバランスよく食べることです。
野菜や、お肉を中心にしっかり食べています。
朝は、おにぎりなどを一個、昼は、蒸し鶏、ゆで卵、チーズなど、夕飯は野菜中心のバランスいいものを食べています。
参照:正しいダイエットとは?:農林水産省

あと体が冷えやすいのでお風呂にのんびりと入るようにしています。
読書をしたり、音楽を聴いたりしながら1〜2時間入っています。
汗を沢山かいてすっきりと疲れが取れるので毎日続けています。

ダイエットにしては沢山食べているので体重の減りは緩やかですが少しずつ確実に減っています。
ストレスでドカ食いしてしまうこともないので安心です。

そしてストレッチを取り入れています。
歯磨きしながら、つま先立ちやテレビ観ながら骨盤を元に戻す体操をしたりしています。
他にはふくらはぎを良くマッサージするようにしています。
ふくらはぎの流れが悪いとリンパの流れが悪くなるのでお風呂の中や気が向いた時にマッサージをするように気をつけています。
これで少しずつ足が引き締まってきたので毎日続けています。

他に気をつけていることは冷たいものを飲まないように心がけています。
中から温めることで代謝が上がるようなので生姜湯などを飲んでいます。
まだ始めたばかりですが確実に効果を実感出来ています。

体毛や太りやすさは全てが遺伝で決まっていると思う

私の家系は父が毛深いです。祖父、曾祖父、それ以上に上の先祖は顔も見たことがないので分かりません。私は父に似て体毛が濃いのが悩みです。
特に思春期になって以降、脇毛の処理をしていると、毎回「なんでこんなに黒々としているんだろう」と自分でも嫌になります。脇毛は最初は毛抜きで抜いていたのですが、だんだん濃く太くなってきたような気がするし、埋没毛も目立ってきたので、今はカミソリで剃って、なおかつ夏はノースリーブは着ないようにしています。また、スネ毛と腕の毛はもう少し処理が甘めで思い出したらカミソリで剃るくらいなのですが、剃った毛がカミソリの刃に黒い塊のようについているのを見るとげんなりします。どこにそんなに毛があるんだろうと不思議です。剃った後に生えてくる毛も産毛のような柔らかいものじゃないので、短いのにチクチクして痛いです。夏場は腕の毛がちょっとでも生えてきたら気になって仕方ないのですが、あんまり頻繁に剃るのも皮膚を痛めそうなので我慢している状態です。
永久脱毛できるならしたいとも思います。ただ、この濃すぎる毛に対して割高な追加料金を取られるのではないかという危惧もあります。ちなみに、髪の毛は細くてストレートなので、なぜ体毛だけがこんなに濃いのか理解に苦しみます。

今の懸念は自分が子供を産んだらそこに私の遺伝子がいくこと、これですね。この毛の濃さや太りやすさは絶対に遺伝が関係しているはずです。間違いないでしょう。
学力とか運動神経とかも含めて全部そうですし、人間は遺伝で出来ていると言っても過言ではないです。
というのも、昨日朝のとくダネ!を見ていたら子供の遺伝子特集をやっていたから。そこで2、3歳のうちに子供の遺伝子検査をしてしまってその子の才能や能力の遺伝状況を調べられるんだそうです。
体のコンプレックスについても調査できるはずですがそれはこの項目には入っていなかったですが興味深かった事例です。
実際のところ、脂肪をため易い体質というのはあり、太っている母親だと子供も太りやすいという検証結果も出ていますからね。外的環境以上に遺伝の内的な問題のほうが強いのは明らかだと思います。